清流、尾瀬、温泉...

8.4-8   小豆温泉せせらぎキャンプ場:レッドビーン(福島)   by みちよ

 夏休みを使ってのキャンプも今年で3回目。今年は以前から気になっていた檜枝岐にある「小豆温泉せせらぎキャンプ場~Red Bean~」という川あり、温泉あり、の自然たっぷりのキャンプ場へ。

第1日目 8/4 晴れのち夕方から雨

 朝6時頃に出発。夏休みの日曜と言うこともあってか、東北道は心なしか車が多い。いつものごとく深夜まで準備してた私は後部座席でウトウト・・・。気がつくと西那須野ICを下りて千本松牧場の脇(400号)だった(^_^;)

 何度も通ったことのある見慣れた風景を離れ、塩原温泉郷を抜ける辺りでは川を気にしつつ「たじま道の駅」でトイレ休憩。ここでアスパラとトマトを購入。山葡萄ソフトクリームはいい香りがして美味しかった。そこからは途中、川の様子をうかがいながらキャンプ場へ(10時着)

 さすがに早いよねーと思いながら管理棟で聞いてみると「11時がチェックアウトだから、お昼ぐらいには・・・」とのこと・・・というわけでFFの偵察をかねたドライブにでた。天気もよく陽射しは強いのに、風は涼しくて気持ちいい~。道路わきにはいくつものキャンプ場が見られ、中でも印象深かったのが道路のすぐ脇にサイトがあった『見通りキャンプ場』。

 あまりにそのまんまの名前でなんだか気に入ってしまった(^_^;) でも少し奥に入ったところは雰囲気のよさそうなサイトだった。

 少し早いけど11:30頃にキャンプ場へ戻り、駐車場で車を止めると「もう入ってもらって大丈夫ですよ」とわざわざ声をかけてくれたので、早速チェックインの手続きをする。サイト料\3000ととっても安いので連泊する身としては嬉しい限り(*^。^*)

 テント(ミネルバ)・タープ(SPレクタ)を設営。今回はRのパッドインチェアと『私の』キッチンテーブルがデビュー♪(*^_^*) キッチンテーブルは思ってたよりも収納力があってビックリ!ペットボトルまで立つとは思ってなかった(@_@) 設営が一通り済んだところでお昼を食べる。メニューは「簡単冷やしたぬき」(大人はキムチ入り)

 昼食後は子供たち念願の川遊びへ。サイトから下りられる川は水も澄んでいて冷たい。足をつけてるだけでも涼しくなれる。Sがシャベルで砂や川水をすくって飲もうとするのには参ったが・・・。

  川から戻り、近くにある「小豆温泉窓明の湯」(ここはキャンプ場で滞在日数分の割引チケットをくれる)に行きサッパリ。帰ってきてから早めに夕食の支度をしてNobuくんは近場へお出かけ~。

 今日の夕食のメニューは「豚の角煮」。薄暗くなりランタンを・・・と思う頃に雨がポツポツ・・・と同時にNobuくんが帰ってきた。

 小雨が降る中、タープの下で夕食を済ませたが、羽蟻が多く飛んでくるのと雨も本降りになってきたので、ミネルバのリビングへ移動してトランプをする。いつもなら邪魔をしてくるSが寝てるのでのんびり楽しめたね(^.^)

 10時頃には就寝。雨は寝る頃にはほとんどやんで、時折星が見えていた。

 今回、久々に忘れ物のヒット。卵、マヨネーズなど・・・欠かすとチョッとさみしい物ばかり。おかげで夕飯の角煮に高ポイントのゆで卵も入らないままでした。

2日目に>>>