« 2001年09月 | メイン | 2002年03月 »

2001年11月

晩秋の渓流と紅葉の中で


2001.11.11 丹沢ホーム 

 前回シーズン終了間際に狩川に行った後、ここ丹沢ホームまで来てみたものの雨が降っていたため釣りを断念した。とてもきれいな渓流だったので、年内にぜひとも行きたいという希望が叶った。今回はUfamilyの家にお邪魔して旦那う2人で思う存分FFを楽しむことにした。
 11月になり、気温が低いとドライに反応しないかもと思い、いろんな種類のドライを巻いたついでにニンフもせっせと巻いてこの釣りに備えた。10時頃到着してみれば出迎えてくれたのは野生の鹿。そして先の駐車場にはたくさんの車。自然渓流そのままの丹沢ホームは魚がスレていて結構渋いと聞いていたのでどうなることかと心配になる。

 絶好の好天だったのでドライで攻めることにし、まずはCDCソラックスダンを選んでスタート。透明度は高くとても澄んだ水に感激するが、魚の姿は見えない。う~ん、ここには魚がいないのか?と思っているとポコンと反応があり、嬉しさに顔がニンマリ。次のアタリはきれいに合わせることができて魚が乗った。寄せてみれば美しい岩魚。初めて使うランディングネットはうまく取り出すことが出来なくて焦った。
 嬉しかったのはフライを奥まで飲み込んでいたこと。きれいにドラグフリーで流すことが出来た証拠だと心の中でガッツポーズ。魚らしい魚ははじめてなので、嬉しさと同時に心が落ち着く。

 その後最下流まで歩いて再度川に入る。こんどはアンダーウィングにCDCを入れたエルクヘア・カディスを結ぶ。少し先に先行者が見えるが、上流に比べて川幅が広いので探ってないであろう小さなポイントを狙う。少したったころアタリがあり、フッキングに成功するが今度はチビ岩魚。かわいらしい姿がいとおしい(^^ゞ

 その後どんどん釣り上がるが、釣れるのは木の枝ばかり。ティペットばかりかリーダーも何度も交換し、そのたびに新しいパターンを結ぶがうまく魚が乗らない。何度目かのリーダー交換の後、自信作のCDCダンを結んでキャストした瞬間またまた後ろの枝に。ここで緊張が切れてしまった。
 そこからは惰性。そのまま少し釣り上がったところで時間を見ればはや2時を過ぎている。ここらで昼飯にして気分を変えることにし、Upapaにお湯を沸かしてもらいカップ麺&コーヒーでしばし寛ぐ。きれいな渓流と紅葉の中で命を取り戻す最高の時間。

 休憩の後、中州を挟んだ小さな流れにグリフィスナットで挑戦するが全く反応が無いため少し上流のプールへ。ここには大きい魚影が何匹もあり、ここを最後にすることにして腰を落ち着ける。
 まずはそのままグリフィスナットを使うが、やはり反応が無いため薄めの色のCDCダンに。手前の岩陰にそっと流すと岩魚がヒット。久々の岩魚はとてもきれいだ。でも、狙う大物はフライを全く無視。時折そこそこのサイズの魚がフライを見にくるがプイっと反転してしまうのがとても悔しい。
 こうなったら何が何でもと思い、フライをどんどん交換していく。CDCバレットヘッド・カディス、スレッドボディのCDCダン、濃い目のCDCダン・・・悔しい。CDCループトウィング・イマージャー、黄色っぽいCDCソラックスダン、ラストチャンス・イマージャー・・・確かに何か捕食しているのに、水面や水面直下のフライには反応しない。
 これで最後だとフェザントテイル・ニンフを結ぶが、全く見えないしインジケータも無いので勘に頼るしかない。何度か流しているうちにたぶんその辺だろうなと思うところでキラッと魚が光った。グッと合わせるとググッと水中にラインが引っ張られた。やった!ついにヒット!
 ロッドは半月のようにしなり、なかなか魚は寄ってこない。こりゃラインが切れるかなと何度も思うが、流れの中にいる時にはひたすら耐え、少し岸よりのゆるい流れに誘導してはラインを手繰る。気分は格闘であり、やりとりしているうちにそれを楽しめるようになってきた頃、なんとか足元まで寄って来た。ネットの前面がオープンになっているので、ネットに入ったと思ったら出て行くということを何度か繰り返しやっとランディング。最後の最後までこのレインボーのおかげで楽しい釣りになり、とても幸せな気分が倍増した。

紅葉の中で澄んだ水に入りロッドを振る。自然渓流をそのまま釣り場にしている最高のロケーション。

はじめての岩魚にはじめてのランディングネット。*tohruさんのHPにある写真みたいでしょ?

これは3匹目の岩魚。このころには腰の後ろからさっとネットを取り出せるようになった。ここの岩魚は少し白っぽくて、とてもきれいだった。

丹沢ホーム最下流部。途中の荒瀬やプールはそのまま釣り上がれず、一度上まで上がってから再度下りなければならない。

これでお湯を沸かして昼食をとり、コーヒーを飲む。また楽し。みんなバーナー持参でのんびりとした時間を過ごしているようだった。

最後の最後にきたレインボー。ネットにギリギリのサイズで最後は慌てたが、何とか取り込み成功。強烈な引きで楽しませてくれた。

About 2001年11月

2001年11月のエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前の月は2001年09月を、 次の月は2002年03月をクリック!

日付・題名順に見るには、このアーカイブページをクリック!