« 2002年03月 | メイン | 2002年05月 »

2002年04月

1日早いバースデイプレゼント


2002.4.6 道志川C&R区間 

 朝早く出れば高速も空いているし、交通費などかかる経費も安いということで、前回に続いてUpapaと道志川へ行く。なんといっても今まで1尾も釣れていないのでロッドに魂を入れたい・・・実は7日は誕生日であり、当初7日に行く予定していたが天気が悪そうなので1日釣行を早めたのだ。

 最初はC&R区間に行かず、その上流に入りある程度釣りあがる。しかしここは前には何人もの餌釣りの人が見える。おはようございます、追い越していってもいいですかと声をかけると、いいよ。でもなかなか釣れねえなという返事。先行者がたくさんいるし、水温も低いのでこりゃドライには時間が早いかなという不安。その不安はあたり、なんと一度もアタリなし。疲れて早い昼をとった後C&R区間に行くことにする。

 一番下流の方から入渓するが、C&R区間はさらに人が多い。それでもなんとか場所を見つけてスタートするが、いろんなフライを試してもアタリはない。魚も見えないし場所を変えるかなと思っているとCDCダンに“パシャ”と出た。
 おっ、ヒット! ネットを出そうかなどと思っているうちにバレてしまった。しっかり手元まで寄せた後でネットを出すに決まってる、さきにだす暇があったら寄せなきゃ・・・あいかわらず下手だなあと後悔。

 それが唯一のアタリで、それからまた耐える時間がやってきた。フライを変えてもダメだし、とてもいい感じで流れてるしビデオならここで出るよなという場面でもダメ。そうしているうちに再度“パシャ”。今度も上手く乗せることができ、失敗したばかりなのでまずは手元まで寄せてからネットを出しランディング成功。学習効果、そして心の中でガッツポーズ。めちゃくちゃ嬉しい!うわっはっはぁーだ。

 その後場所を変えたりしながら何度かあたりはあるもののうまくフッキングできないまま時間が過ぎる。食べに来ているのではなくて弾きに来ている場合も多いのではないかと思うがどうなんだろう。それとも偽物だと馬鹿にしてるのだろうか。それなら途中で引き返すのが普通だとは思うが...

 今回の最大の成果はヤマメと対面できたこと。そして最大の動揺はフライボックスの中身すべてを川にぶちまけてしまったこと。ロッドとリールでたまたま堰き止めていた場所だったのでほとんど回収できたが、落とした場所があと15cm位先だったら大量のナチュラルドリフトするフライが見えたに違いない。やはりこれも1日早いバースデイプレゼントだったのか。

C&R区間から少し上流。区間外でも風景が変わるわけも無く、とてもきれいな水と瀬音が仕事の疲れを癒してくれる。

息吹き始めた木々の新緑が少し目にまぶしい。そこが前回とは全く違い、季節の変化も楽しめるのがいい。

今回釣れた場所。対面の流れ込みから少し上流の向う岸に近いところからプレゼントはやってきた。

暴れたせいか体にティペット跡がついてしまいちょっとかわいそうだったが、ゆっくりとリリースすると元気に川へ戻っていった。

散りゆく桜の中でキャンプ&FF


2002.4.13-14 道志川C&R区間 

 今シーズン初キャンプは道志の「とやの沢キャンプ場」で幕開けとなる。早朝道志に到着して、家族は車の中で仮眠&自分は川へ・・・という作戦を立てていたが、起きてみるとすでに着いているはずの時間になっていた。FFisherを横目で見ながらキャンプ場に向かい、Upapaと2人で川へ向かったのは夕方4時位からとなった。

 朝から釣っている人たちが帰る時間なのか駐車場から出る車が何台かある。思ったより人がいないのはラッキーだ。今回はフェザントテイル・パラシュート、スペントスピナー、CDCスパークルダンなどを巻いて来たので、いつもと違うフライはどういった反応があるのかわからないが意味もなく期待が膨らんでいた。
 まずはフェザントテイルパラシュートを試みるが、始めて早々にヒット。だがバレた。もっと早くラインを手繰らなければと反省。少ししてまたヒット。ラインを手繰らなきゃと思っているうちに、またバレた。2回連続のバラシでなんか悪い予感がしてくる。もしかして今日は釣れないかもしれない。そうしているうちにまたヒット。今度はすばやくラインを手繰り手元まで引き寄せることができた。あれ?なんか模様が見えないぞ、もしかしてハヤ?と思ったが良く見るとレインボー。一気に喜びがこみ上げて来た。

 今度はスパークルダンなどを試してみるがめったにアタリがない。スペントスピナーに替えるとヤマメが立て続けにきた。なんかとっても幸せな気分。川面に舞い落ちる桜の花びらを楽しむ余裕も出てきたようだ。風が吹くたびに幻想的な風景が目の前に現れる。
 水面ではライズがあちこちでおこり、こういう感じになったらどんなフライにも反応するのかなと思っていたのだが全く逆。あれこれとフライを替えても反応すらしない。近寄ってくるのは見えても馬鹿にしたように引き返す。いったい何を食べてるのだろう? 参りましたということでキャンプ場に戻る。

 翌日は朝7時過ぎに起きるが、前日の焚き火トーク時の大量のジャックダニエルで身体がきつい。なかなか頭が冴えないので、少しゆっくりして8時過ぎに川ヘ向かい約2時間の釣りになる。グリズリーパラシュートなどいろいろ試してみるが、反応がないのでクイルボディのブラウンパラシュートにチェンジしたところからアタリが出た。おっ、ヒット。あっ、バレた・・・でも昨日の釣果が心のよりどころとなり動揺は少ない。次はうまく寄せることができ、無事レインボーをランディング。やわらかいロッドなので引き味は最高だ。気が付いたら酒はすっかり抜けていて、やはり釣れると気分がいい。

 後ろ髪をひかれる思いでキャンプ場に戻り、チェックアウトを延長して温泉に入ったりしながらのんびりと夕方まで楽しんだ。キャンプと温泉とFF。こりゃ病みつきになりそうだ。

広いサイトの両端にテントを張り、中央にタープとシェルでダブルリビング。気温によって空間を使い分けられるのがいい。

初日はニジマス1尾とヤマメ2尾を釣ることができた。きれいなパーマークがあるのに写真ではそれがよくわからない。写真のとり方もこれからの課題。

ガッポリと奥までフライを飲み込んでいた、翌朝のニジマス。ヤマメだったらもっと嬉しかったかも。

上から見ると濃い魚影がある。川が全部C&R区間になるといいのになどと自分勝手な思い。

富士の麓でキャンプのついでに


2002.4.28 道志川C&R区間 

 GW前半は富士西湖でのグループキャンプを楽しんだ。湖のキャンプ場ということで、一緒に行った友人が家族をカヌーに乗せてくれている間にこっちはFFへ。一緒に道志川に行ったのはもちろんUpapa。「ちょっと行ってくるね」と別行動を取れるところが気の合う仲間とのグループキャンプのいいところ・・・だというのはこっちの言い分でしかないけれど、何はともあれ今回も楽しい数時間。

 GWなのですごい人かと思ったらそうでもない。この時期はみんな家族サービスでいそがしいというところなのか、いつもは車で満杯の駐車場もガラガラで驚いた。しかしながらポイントにはちゃんと人が入っていて、ちょうど空いたところはこの間ニジマスがつれた場所。あの辺だったよなとフライを流すが反応はなく、もうスレてしまったのかとガッカリしていたときにある事件。
 少し下流に入ってきたルアー釣りの2人組の1人がなんということか足元にルアーを投げてきた。ちょうどフライを交換していたときだったのでこれは何かの間違いだろうと思っていたが、ちょっと横を向いた隙に今度は目の前に。とても気分が悪くなったので彼らよりもずっと下流に行くことにして彼らの方に歩いていくと、その張本人はちょっとびっくりした顔でこちらを見ている。ここで文句をいっても楽しい釣りがつまらなくなると思い無言で通り過ぎるが、それはないでしょ、やっぱり。

 彼らが幸運の女神だったのかどうかは別として、次に入ったポイントは前々回トライした流れの向うの弛みから肩のあたり。手前の流れと風が邪魔してなかなか綺麗に流れないが、何度もやっているうちにテイルなしのクイルボディ・ブラウンパラシュート#18に反応&ヒット。なかなかいいサイズのヤマメでさっきの事件も吹っ飛んで幸せいっぱい、心の中では大ガッツポーズ。
 そのうち流れと弛みの際あたりで水面に出てきて何かを熱心に食べているヤマメを発見。過去何度かライズに挑戦したが、フライに反応すらしないという経験しかないのでこのライズを是非是非と心は躍る。うまくポイントに入っても見向きもしないので、フライをいろいろ替えて見るがやっぱり同じ。ブラウンのソラックスダン#18にしたらフラット寄ってきてパクリ。今回は最初から最後までしっかり見えていたので歓びもひとしお。

 投げそこなったフライが手前の流れの肩あたりにあり、それをピックアップしようとしたところヤマメがフライを追ってきたのが目に入る。なるほど、こういう辺りにいるのねということで、今度はいくつかの肩を集中して攻める。肩ぎりぎりのところで赤茶色のスペントスピナーにヒットしたのはこれまた良型のヤマメ。その後他の肩でも小さめだがヤマメが出て、バレたもの結構あったが今回の短時間の釣りは大満足。

最初のヤマメは最初ラインが弛んでしまったのでバレるかと思ったがしっかりと寄せることが出来た。

これは初めてライズが取れたのでとても嬉しい2尾目。

これは肩で出た3尾目。そのまま瀬に入り下流の岩に絡んだので焦ったが回りこんでランディングできた。

最後のヤマメ。まだまだ小さくても釣れると嬉しさは同じ。また大きくなってから遊んでね。

さあこれで終わりという時間にヒットしたUpapaを上の道から。ズームがないデジカメをFFには使っているので遠くが撮れなくて悲しい。

そろそろ瀬にもたくさん入ってくる時期に。次に来た時には瀬を釣り上がってみようと思う。

About 2002年04月

2002年04月のエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前の月は2002年03月を、 次の月は2002年05月をクリック!

日付・題名順に見るには、このアーカイブページをクリック!