« 2003年06月 | メイン | 2003年08月 »

2003年07月

初夏の溪でヒリヒリ


2003.7.5 長野県千曲川支流 

 天気が良さそうだったが早朝出発のデイキャンは家族に却下され、ひとりで暗いうちに出発して早朝キャンプ場に入った。いつもならまずは中流部に車を停めて釣り上がるのだが、今回は上流部の岩を登りながらじっくりと釣り上がることにした。
 
 ポツポツと反応はあるもののフッキングすることが出来ず、できても途中でバレてしまってストレス解消どころか釣りでのストレスが...(^_^;) フライに出てくるイワナがよく見えることが多いだけに、少し早合わせになってしまっているのかもしれないが、そうそう反応があるわけではないので一拍待って合わせるなんてなかなか出来ない。
 それでもなんとか最後の方には水中に戻りかけたところまでグッと合わせるのを我慢して、きれいなイワナと初対面することが出来た。上流のイワナは黄金色のものが多いが、今回の1尾目は斑点がほとんどないぬめっとした感じのイワナだった。何はともあれ一安心。

 その後一休みするためにキャンプ場に戻る。木陰でコーヒーを入れ、ソーセージを焼いたりして朝食をとった後ボーっと一休み。周囲の風景は最高だし、これがいいんだよね。
 本格的に暑くなる前にもう一振りと川に戻るがすでに日差しは強くて、気がつくと捲り上げた腕がヒリヒリとして汗が体を流れ落ちる。今度は黒っぽいチビが追加できただけだったが、昼頃にはさすがに耐えられなくなり再度キャンプ場へ戻って休憩を取った。

 夕方まで一眠りしようかと思ったが温泉に入りたくてしょうがなかったので、インター手前まで戻って温泉にゆっくり浸かってのんびりとした。結局別の溪にも行かず、そのまま綺麗な溪の風景を目に焼き付けて家に向かった。

普段パイロットフライにしているハックル下部をカットしたアダムスには反応がなく、今回はエルクヘアカディスに反応がよかった。

キャンプ場最上部あたりの溪だが、こんなところにも堰堤が続く。さらにこの上流はどんな感じなのか。

岩だらけなのでティペットが相当痛んでしまい、痛んだところからの合わせ切れも何度かあった。

今回は黄金色のイワナを見ることが出来なかったのだけが残念。どう考えてもこんな濃い色のイワナは居そうにないのに。

思い出の溪で


2003.7.12 栃木県那珂川 

 初めてヤマメを釣ったのはキャンプ場の脇を流れる那珂川から10メートルほどの支流だった。思い出というくらいだから、そこはほとんど行くことがなくて、かつ何か印象に残ることが必要だという事を考えれば今のところここだけかもしれない。

 キャンプ場に入る前に少し上流でちびちゃんと遊んだ後、4時過ぎからその時の場所にかっちゃんとでかけた。いつもの溪とは雰囲気の違って那珂川は川幅が広いので、両サイドから釣りあがるが、このところの雨で増水気味のここでも遊んでくれるのはチビヤマメだけ。釣れないよりいいけど、反応するのは明らかにチビという状況では、せっかく久々に来たのにフラストレーションが少々溜まっていく。チビが咥える事が出来ないように14番のエルクヘアカディスを使っていたのに、何尾かはフッキングしてしまう。

 そろそろ飽きはじめていたところに流芯近くから今までとは違うサイズのヤマメが出た。速い流れの中で手ごたえは抜群で、バレないように少しずつ寄せて無事ランディング。今回のFFはこの1尾で大満足となった。初めてヤマメを釣った場所から数十メートルしか離れてないところでのヒットだったのでなおさら嬉しい。

 かっちゃんも午前中に箒川でヤマメと無事対面。次回はどこに行きましょうか?

ここの左に流れ込んでいる支流の合流点あたりが初めてヤマメを釣った場所。そういえば、あの時は大増水で本流で釣る事が出来なかった。

これで今回は大満足。来年はこのサイズがたくさん残っているであろう解禁時期にまた来たい。

最初に出てきたチビちゃん。この時期は各地でチビの猛襲?

フライフィッシャーかっちゃんの勇姿。FF三昧ソロキャンプにまた行きたいね。

キャンプオフでFFオフ


2003.7.19-21 静岡県富士川支流 

 今回は静岡で行われたキャンプオフに参加し、久々に見る顔や初めての出会いで楽しい3日間を過ごした。その合間にキャンプ場から少し離れた溪に毎日通ってFFを楽しむ事が出来た。それは合間じゃないだろうという声が聞こえてきそうだが、確かにそうかもしれない(^_^;)

 初日の夜に自己紹介した時に、アマゴと遊んで来ましたという話をしたのをきっかけに、ベテランフライフィッシャーのひらりんさんと知り合う事が出来、いろんなことを教えてもらう事が出来た。2日目には一緒に行きましょうということになったが、いざ出陣という時間にひらりんさんはキャンプ場に不在。午前中にひらりんさんと話して話を決めたUpapaは、実は気が気ではない状態で*tohruさんと3人で溪に向かった。しかしナイスガイUpapaを天は見捨てず、なんとキャンプ場を出たところでひらりんさんの車とすれ違い、うまく合流する事が出来た。日頃の行ないだね、これは(笑)

 二手に分かれて入溪し、ひらりんさん釣りを見せてもらいながら左岸と右岸を釣り上がる。入溪早々ひらりんさんのロッドが弓なりになり、とってもいいサイズのアマゴをネットの中に。こりゃ、でかいのがバンバンでるかもと期待に胸は膨らむが反応がほとんどない。途中で聞けばひらりんさんはもう1尾追加したとの事、さすが腕が違う(^^ゞ
 結構雨が強く降っていたが、最後の堰堤で粘った甲斐があってまあまあのサイズのアマゴを釣る事が出来た。

 3日目は初日同様Upapaと2人で川に向かうが、結構増水していて前日雰囲気の良かったポイントもなくなってしまっている。結局また最後の堰堤でアマゴとニジを釣る事が出来た。Upapaは沈めたフライに大物がヒットしたものの、残念ながら途中でバレてしまった。ルアーマンの釣果はよかったようなので水面下での反応が良かったのかもしれない。

 そんなに距離があるわけではないのでまた挑戦しに行こうね。>Upapa

粘り勝ちのアマゴ。カディスからピーコックパラシュートにフライを変えたのが良かったのかも。

今回キャンプオフでご一緒したひらりんさん。これからもいろいろ教えてくださいね。

寄せるまではいいサイズのアマゴだと思ったのに、実は元気なニジだった。その後「う」も出てがっかり。

ここのアマゴは非常に綺麗なスタイルで、秋には大物になってまた遊んでほしいものだ。

About 2003年07月

2003年07月のエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前の月は2003年06月を、 次の月は2003年08月をクリック!

日付・題名順に見るには、このアーカイブページをクリック!