« 2004年05月 | メイン | 2004年07月 »

2004年06月

スカッドではじめてのマス


2004.6.10 山梨県本栖湖 

 去年から雑誌「フライフィッシャー」に湖のFFが連載されていて、その時には特に湖で釣りたいという気持ちはなかったが、最近急にやって見たくなり、ボーナス配分(笑)の中で思い切ってタックルを購入して本栖湖でLLニンフィングに初挑戦。

 渓流での釣りでそれほど困ったことはなかったが、こういう場所でキャスティングしてみるといかにヘタか思い知らされてしまい、近距離しか釣ることができなかった。また、次のキャストのためにラインを回収するためのリトリーブでニジマスがヒットしたが、ラインがスーッと水中に引き込まれるというあたりは残念ながら今回はなし。同様にもう1尾釣ることができたのでそれはそれで嬉しかったものの、多くの課題ができた釣行となった。

 ちなみに、5番ロッドにラージアーバーリール、インスタネット買っちゃいました(^^ゞ せっかく買ったんで、うまく使いこなせるように涼しくなったらキャスレがんばろっと。

スポーツセンター前。水の透明度が高くてとてもきれいだった。

ロッド、リール、ネットにとりあえず入魂。秋になったらまた行きたい。

今回こそ・・・


2004.6.19 群馬県野反湖 

 前回の本栖湖で満足の行く釣りができなかったので、結構相性のいい野反湖に日帰り遠征することにした。野反湖ならそんなに遠投しなくても釣りになるし、さすがにラインが水中に引き込まれる経験ができるだろうと思ったが、結論からいえばドライでチビニジが1尾のみという、またまた悲しい結果となった。

 今回もスカッドを結んでスタート。最初ニシブタワンドに入るが、色とりどりの鯉の大群が泳いでいて、ニジマスがワンドにたまっている雰囲気が感じられない。ライズもほとんどなく、結構人もいたが餌の人が1尾釣っただけという状況だったのでキャンプ場前に向かった。
 キャンプ場前からニシブタワンドのほうへ釣りながら少しずつ移動して行くが、ここでも全く当たりが無い(^_^;) 結局ドライに変更してなんとかチビが釣れてくれたが、まさかこれだけとは思わないので写真も撮らないでリリース。過去数度の野反湖の状況に比べて非常に悪いコンディションだったような気がする。
 最初からドライにしてればよかったかもと思ってしまった1日だった。

ニシブタワンドからの風景。去年と違って大量の鯉の溜まり場になってしまっていた。

キャンプ場前からダム方向。きれいで気持ち良かったが待てども待てどもアタリが...

About 2004年06月

2004年06月のエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前の月は2004年05月を、 次の月は2004年07月をクリック!

日付・題名順に見るには、このアーカイブページをクリック!