« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月

今年で3年目の夏休みキャンプで




2005.8.4~8.11 長野県奈川水系

 今年で3年連続となる高ソメキャンプ場での夏休み長期キャンプ。去年よりも1泊増やして7連泊(^^♪ 子供たちの年齢を考えても、これ以上の長期キャンプは当分ないかも。

 今回はキャンプ場の池の反応が非常に悪くて、残念ながら誰もマスの姿を見ることは出来ず(泣) 減水で水が入れ替わっていないことに加えて、雨が無くて水温も高くなっていたのでちょうど厳しい時期にあたってしまったようだ。キャンプ場では餌釣りにすればよかったかも。

 本流ではポツポツとイワナの姿を見ることができたし、キャンプ場の管理人のやんちゃ坊主、そして今年もスタッフで来られていた風の大将と一緒に早朝FFにも行けたので、こっちはとても楽しかった。
 今回のハイライトは支流で、短時間の間にいい型のイワナ、そしてどういうわけか今年もヒレピンのアマゴとご対面。狭い渓でのショートリーダーの釣りもなかなか楽しめた。完全ヒレピンの魚体は素晴らしいの一言で、こういう渓がもっと近くにあればいいのにとかなわぬ希望。

 去年の夢を今年も、ということで長男も渓でロッドを振ったが、今年は残念ながら岩魚は釣れずハヤのみだったがサイズが良いのでそれはそれで楽しめたようでよかった。場所も温泉前のサンダルでちょこっと下りられるお手軽場所なので、次回は少し釣りあがってもおもしろいかもしれない。

 来年は2~3泊しか出来ないかもしれないが、暑い昼間でも楽しめる渓なのでぜひ来年も行きたいものだ。キャンプ場もスタッフも最高だしね。
長男はルアー初挑戦。初めてなのでロッド反動で投げることができずに振り回していたが、楽しそうだったのでそれもよし。

夜明け直後くらいの2人の勇姿。短時間だったがさすがの一言。風の大将にはいろいろ教えてもらって大感謝。

減水して川の流れが変わっていたが、息子にはロッドが振りやすくて良かった。いい感じで出たのだが残念ながら「う」様(^_^;)

素晴らしいコンディションのイワナちゃん。今年も大きなフライに出てくれた。

走ってしまったイワナがすごいサイズだったが、このサイズであれば大満足。目が先に行ってしまうが、たいていは足元から走るんだよなあ(^^ゞ

支流でも少し開けた場所。来年はゆっくりと長い区間を釣りあがってみたい渓。

エメラルドグリーンの渓で


2005.8.28 千曲川支流 

 土曜日夕方にUファミリィの待つキャンプ場に到着し、楽しい会話と焚き火などで楽しんだ。翌朝キャンプ場脇のいつもの渓に入り、近距離からハックルを厚く巻いたでっかいパラシュートをポンポンと打ちながら釣り上がった。
 まあまあのサイズのきれいなイワナ、チビちゃん、フライ直前で見切って水底に戻るイワナなどと楽しんだ後サイトに戻ると、ちょうど朝食の準備が出来たところというナイスタイミング(^.^)

 昼前に子供たちは念願だった水晶の洞窟を見に出かけるということで、Upapaと中流域に入ろうということになった。いつもなら至る所で見かけるフライフィッシャーの姿も、真夏の昼前ということなのか全くと言っていいほど見られず、のんびりと釣りあがることが出来た。たかだか数キロでこんなに風景が違うのかという感じの渓なので、別の渓に入っている雰囲気を味わえるのが楽しい。

 ところどころでポツポツと反応はあるものの、出るのはチビちゃんばかりだった。やはりこの時期はほとんど残ってないのかなと思いながら釣り上がっていると、木陰の流芯脇から大満足サイズのヒレピンちゃんがフライを咥えてくれた。

 まだ年券のもとを取ってないので、もう一回くらい行きたいなあ(^^ゞ

上流はずっとこういう風景が続く、一番のお気に入り。次回は時間をかけて長い距離釣り上がりたい。

中流は里川といった感じ。この橋から撮った写真はいろんなところで見ることが出来るメジャーな風景(笑)

上流のイワナは水や岩と同化しているカメレオン状態。

中流のイワナ。今回は久々に軟らかいロッドを使ったので引き味満点だった。

About 2005年08月

2005年08月のエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前の月は2005年07月を、 次の月は2005年09月をクリック!

日付・題名順に見るには、このアーカイブページをクリック!