« 2006年05月 | メイン | 2006年08月 »

2006年07月

久々のリフレッシュ


2006.7.8 千曲支流 

 この季節で2回目の渓流という、そりゃもうストレスたまりまくり状態でいたが、なんとも辛抱できなくなってやっと出かけることができたのはいつもより1本奥の支流。
 Upapaおすすめの場所はもう少し下流からだったと思ったが、はじめてだったのでどこから入るのかわからず、その先に進んでみると有名な橋が2本あったのでそこから渓に降りた。

 今回は全長7,8フィートのショートリーダーに厚めにハックルを巻いた10番のパラシュートという、ストレスが溜まりそうもないスタイルで釣り上がる。そんなに反応があるわけではないが、飽きない程度にイワナが遊んでくれて充分リフレッシュできた。
 
 その後いつもの支流の下流部に入るが、ここでもなんとかイワナにご対面。鹿の親子が渓を渡っていくのを見ることもでき、ここまで来た甲斐があったというもの。

 上流のエメラルドグリーンの渓にも行こうと思ったが、満足したので暑くなってきたところで終了とした。
 やはり渓はいいなあ。

適度に落差もあり、木漏れ日の中を釣りあがるのは気持ちがいい。

10番のでっかいパラシュートで楽しめるのはうれしいかぎり。

湖上でのんびり、でも雨




2006.7.12 群馬県大尻沼 

 休みにアレコレと予定が入っていて当分釣りにも行けそうにないので、思い切って休みを取って山上の湖に出かけた。めまぐるしく天気予報が変わっていき、結局一日降ったり止んだりで、決していい天気とは行かなかったが心は晴れた(^^)v

 シンキングラインでは暗めのフライにしか反応がなく、スカッド系は薄いグリーンやホワイトに反応した。ソフトハックルでゆっくり水面直下を引いたりもして、あれこれと釣り方を変えて結構たくさんのマスと楽しむことができた。
 ただ、手漕ぎではなくてエレキを使って岸際を流してドライで叩きながら行ければ、アンカーを入れてゆったりと釣るよりも釣果は相当違った感じ。

 湖上にボートで浮かんでやる釣りは、渓流での釣りと趣が違うこともあり、同じフライでも別種の楽しみがあるような気がしている。どっちも楽しいので、珠の休みなどには迷ってしまう(^_^;)

完璧な魚体のいいサイズのニジマス。ロッドティップが水面下に入るほどの引き。

ヒレピンの40upから50近いマスがロッドを絞り込んでくれる。

はじめてみる無斑のニジマス。ホウライマスといわれる種類ものもかも。

岸際にソフトハックルを投げ込むとひったくるような反応があった。

About 2006年07月

2006年07月のエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前の月は2006年05月を、 次の月は2006年08月をクリック!

日付・題名順に見るには、このアーカイブページをクリック!