« 2008年06月 | メイン | 2008年08月 »

2008年07月

ほっとする風景

透き通った水と透き通ったイワナ

 

2008.7.11 千曲川支流

  

 どうしてもこの渓に立ちたくて、一日会社を休んで行くことにした。朝一に到着するパターンよりも、少しでの寝られた方が体が楽だと思って前日の夜出発し、夜中の1時過ぎにキャンプ場に着いた。

 白樺林を抜けて5時くらいから渓に立ったが、水はとても冷たくて体が引き締まる感じ。あー、気持ちいい、と深呼吸をしてスタート。

 

 やはり先行者が居ないというのは大きいのか、いつものでっかいフライに疑いもなく次々とイワナが反応してくれる。

 エメラルドグリーンの渓に、青空、透き通ったイワナ・・・やはり期待通り最高の時間を過ごすことが出来た。

 キャンプ場に通じる林道を通って車まで戻ってひと休みし、この雰囲気は十分に堪能したので久しぶりに中流に入ってみようと思いキャンプ場を後にした。

 すごい日差しに気温もどんどん上がっていて、この時間はさすがにダメかなと思ったが、上流域とはまた違ったタイプのイワナがポツポツと遊んでくれてラッキー(*^^)

 

 あとは温泉でのんびりして、ゆっくりと帰宅。何度もかかって来る仕事の電話に、あっという間に現実に引き戻された(笑)

 

* * *

 

 この翌日、長年一緒に釣りやキャンプに行ったエルグランドが引退。ちょうどいいお別れドライブになった。

 

エメラルドグリーンの渓

この水の色を見たくて来たようなもの

 

黄金色のイワナ

ここのイワナはいつもとってもきれい

 

キャンプ場の中を林道戻る

高原の夏という感じで、戻りも気持ちいい

 

 

本当に久々に中流域にも

久々の中流域

 

中流のイワナもきれい

この辺りのイワナもとってもきれい

いくらでも湧き出て来る!

まさに保護色

2008.7.20 オショロコマの渓

  

 こちらに仕事で来るなんて滅多にない機会なので、もし出張終了後に時間が出来たらラッキーと思ってパックロッドを忍ばせておいた(^^ゞ

 天は我を見捨てず、ということで短時間だったが、渓の脇でフキが傘代わりになるくらい大きく育っている場所に立ち寄ることが出来た。

 

 よく、何十年も前の日本の渓流はどうだったんだろうなということを考えることがあるが、その答えはここにありました(笑)

 

 ポイントというポイントには必ず何尾も魚が入っていて、それがすべて何のためらいもなく何度でも反応してくれるとどうなるか?

 

 マジでありえない。実体験した今でも信じられないくらい。

 

 まじめに釣ると前に進むことなど出来なくて、数十メートルの区間で何十匹でも絶え間なく釣れ続き、これを天国と呼ぶのはちょっと違う気が(^_^;)

 やはり、普段なかなか釣れないのに、たまにいいタイミングでポンポンと好反応っていうのをパラダイスと呼びたい訳で、ここまで凄まじいともう呆れるやら飽きるやらで、ほんとうにごめんなさいという感じ。

 

 いやー、びっくり。オショロコマって川底から湧いて出るんだっけ(笑)

   

ヨーロッパみたいな風景

まるでヨーロッパみたいな風景

  

めちゃくちゃきれいな姿

 大きさは最大で23から25センチ位

   

 

曲がった先にヒグマがいたりして(^_^;)

まず爆竹を鳴らしてから用意を(^^ゞ

  

ネイティブということばはこのためにあったのかも

 ネイティブより天然という言葉が似合う

About 2008年07月

2008年07月のエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前の月は2008年06月を、 次の月は2008年08月をクリック!

日付・題名順に見るには、このアーカイブページをクリック!