メイン

レポート2010

ヤマメの渓に?

苔むす渓 

2010.5.4 安達太良山系の渓

 

 GWキャンプでいつもの「*tohruさんの渓」に入るが、先行者のせいなのかコンディションによるものなのかよくわからないが、今年は活性が悪くなかなか反応がないままに終わってしまった。

 遊んでくれたのも数尾のやや流れのあるポイントからのチビヤマメのみで、巻などの緩やかな場所での反応はなく、ついにイワナが全く出なかった。

 徐々にヤマメの渓に変わって来ていたが・・・来年はイワナが釣りたいなあ。

 

チビヤマメでも釣れて良かった(^^ゞ

 

水量やや多め

今年もここに

暑さのせいか例年よりも減水気味

2010.8.9 長野県奈川
  


 子供が高校生、中学生、小学生になり、部活優先の生活の中でいつまでみんなで夏休みキャンプに行けるだろうかと思っているが、3人のうち2人のスケジュールが合ったのでなんとか今年も高ソメにやってきた。

 あいにくの雨などで、月曜日に一度しか渓に入れなかったのが残念だったが、なんとか3尾のイワナと遊ぶことができた。

 

 毎年のように来ているのでわかるのだが、この渓もあちこちで河川工事が進んでいてどんどん自然の趣がなくなって来ているのが釣り人にとっては悲しいところ。

久々のイワナ

 

どこかいつもと違う気が

* * *

<おまけ>
 上高地では軽く尺オーバーのイワナなどが悠々と泳いでいて、人を警戒していないとこうも行動が違うのかという感じだった。

上高地の禁漁区

来てよかった!


 
2010.9.19 新潟県北の渓
 
 今回もUpapaのおかげで*tohruさんのところに行くことができた。特に今回はゴルフの翌日から1週間の海外出張、そして帰って来た翌日ゴルフでその日に出発というような、とんでもないハードスケジュールだったので、もしUpapaがいなかれば絶対行けなかった。
 

 
 久々の渓は雨の後ということでいつもよりも水量があり、どの辺りにイワナが入っているのかがわからない。
 それに加え、活性もそんなに高くないようで、次に入った渓を合わせて3人で5尾という苦戦の一日だったが、全員ボウズを脱していたのでとても楽しい釣行となった。
 

 
 この3人が揃うといつも何かが起きるのだが、今回は何もなさそうでよかったと思ったところでUpapaにロッドトラブル。
 前回の学習効果でバッグの中にパックロッドを入れておいたのが功を奏し、車に戻ること無く釣り上がることができた。
 

    

 
 行き帰りずっと運転してくれたUpapa、新潟では運転だけでなくあれこれすべてお世話になった*tohruさん、ほんとうにありがとうございました。おかげで身も心も癒されました。 
 
 どうも今回でフライフィッシング熱に再び火がついたようなだが、時すでに遅しでこれを最後に禁漁シーズンに突入してしまった(笑)

About レポート2010

このページは「レポート2010」のログが日付順に並んでいます。

前のカテゴリはレポート2009です。

次のカテゴリは渓流です。

トップに戻るにはここを、全てのログを日付順に見るにはここをクリックしてください。